ステイトメント Statement

 私の表現の始まりは、幼少期より心の中で見ていた画像(アニメーション)であり、これまでも今後も、作品の始まりは心のその場所だと思っている。元来私は人とは1対1で関わり、相手と自分が対峙する関係間に漂う空気・ニュアンス・距離・感情・匂いなどは同じということがないと感じてきた。人が違うとそれぞれに浮かぶ形や色が異なり、それが幼少期より見てきた画と同じ場所に見えてくるのである。その一つ一つの画が一作品となって作品が生まれる。心に浮かぶ画は、正面を向いた2次元の画像で出てくる。私はその後ろ側や裏側が見たくなり、3次元の在る状態にして直に全体を見てみようと立体作品を制作し始めた。

 造形面でモチーフがあるかと言われると特別に意識していないが、動作や空間の心象が原点になっている。私が生む形態には、シンメトリーデザインが重要だった。例えば日本には家紋のように平安時代からのシンメトリーデザインの優れた実例がある。私はパソコン等に使われるアイコンにシンメトリーデザインと類似した形式を感じる。私は作品の心象を記号化し、形づくられ作品となっていくことを自然に行い制作している。それは要るものを残し、余計なものをなくすという考え方からなっている。この形態に対する考え方が感情表現を求めるこれまでの作品をグラフィカルな加飾に導いていたと考えている。

 私の作品は、先に述べた相手と自分が対峙した時の関係間に感じる共通感覚が一つ一つの作品となり、一番のテーマとなっている。私の作品には人との交わりが必須であり、核となっている。またインスタレーション的展示として表している全体のテーマは“フェーリックな世界(夢のような甘美な世界)”というのが最適と考える。私がフェーリックな世界をテーマとし、このような作品群を発表するに至った背景には、私の日常のベースにある家族の死・大病・障害、そして特別支援学校を含む13年間の教員経験がある。社会の過酷な現実と日々直面する日常の戦いからひとときでも抜け出すことが、私の現実に現れる「超現実」(シュルレエル)であり、作品のコンセプトの根源にあると思う。私の現したい世界観は、例えば「不思議の国のアリス」の黄金色の昼下がりや中国の陶淵明の著す「桃源郷」の雰囲気に近しいような、感じ味わう心と私の思う至福(四季を感じながら、現実から解放された穏やかなひととき)がある世界を指すと思う。

 2010年より制作している「A Lump of Feelings」シリーズは手の中で愛で鑑賞するという部分において、作品が直接身体と触れるということに興味を持っている。

また、2014年から1年間アーティスト・イン・レジデンスに参加し、デンマーク、信楽、アメリカ・モンタナで制作を行った経験により、家族・家をテーマとした作品も生まれている。

2015年 盛夏   植田麻由

Artist Statement

 My artistic expression is rooted in the animated images that I saw as a child and I believe that they remain the source for my work now and into the future. This rises from my faith that the various images encountered in childhood provide us with the shapes and colors that will later find expression in one’s mature work.

 Accompanying the development of an inventory of shapes and colors in my work was the desire to see these ideas as more than pictures. I wanted to see them as objects that inhabit the world, as artifacts of my inner life, past and future.

 If you ask if there is a motif in my work, there is nothing conscious. However, I can say that my work originates from my impression of movement and space. Symmetry is a very important aspect of my work. In Japan, there are examples of symmetry found in the family crests past down from the Heian Period. I find similarities between the computer icons used today and the symmetry found in family crests. In my work, I simply make a progression from image to object that is a process of reduction – the same kind of reduction that I recognize in the development of an icon. This involves eliminating unnecessary parts from the object and creating new opportunities to respond to the work in emotional ways.

 The main theme of my work is a representation of the air, nuance, distance and smell that I feel in face-to-face relations. Interaction with people is essential for my work. Furthermore, I believe that an installation with the theme of a imaginary world is the perfect situation for my work. The world view that I want to express is similar to golden afternoon from Alice in Wonderland or that of “Taohua Yuan Ji (Story of the Peach Blossom Valley)” by Tao Yuanming. I want my viewers to experience a great bliss free from reality yet enjoying the four seasons.

 As I mentioned, while I’m not trying to develop a theme, certain playful or lighthearted elements appear in my work. The occurrence of these elements is in no small way influenced by my everyday life.I had the death, major sickness, disability of my family, and had the experience of teacher for 13 years. From this experience, I developed a keen sense of the burden of these challenges and a desire to explore gentle and fantastic means of escape. This search is what rests at the core of my work.

 I think that people enjoyed the series I created in 2010, A Lump of Feelings, because you could appreciate the pieces by actually taking them and holding them in your hands.

In addition, I participated in the artist in residence for 2014 through 1 year and produced my works in Denmark, Shigaraki, Montana of United States. The work which featured the theme of a family and house by the experience is created.

Summer,  2015

Mayu Ueda