m_visual01_text_eng

GICB2017 Thematic Exhibition in Yeoju 2017 京畿世界陶磁ビエンナーレ 驪州テーマ展「記念:暮らしを称える」

GICB2017   GYEONGGI INTERNATIONAL CERAMIC BIENNALE 2017

Thematic Exhibition in Yeoju <Pray: Cherishing Life>

https://www.kocef.org/eng/n02_biennale/03_8.asp

  • Duration : April 22 (Sat.) ~ May 28 (Sun.), 2017
  • Place : 2nd floor of Yeoju World Livingware Gallery

Thematic exhibition in Yeoju Pray: Cherishing Life shows two-hundred thirty urns by contemporary ceramic artists who suggest possibilities for future ceramic culture.
This exhibition intends to discover a narrative formative style that commemorates and symbolizes one’s life through urns, which naturally embody the concept of life-and-death.
Addressing ‘death,’ which was long a taboo subject, this exhibition intends to create a new concept of urns as our last and new resting place, through which we aim to extend the realm of ceramics.

2017 京畿世界陶磁ビエンナーレ

驪州テーマ展「記念:暮らしを称える」

https://www.kocef.org/jap/n02_biennale/03_08_02.asp

  • 期間 : 2017年4月22日(土)~5月28日(日)
  • 場所 : 驪州世界生活陶磁館2階全室

驪州テーマ展「記念; 暮らしを称える」では、現代陶磁作家が作った骨壺約230点が展示されます。この展示は、生と死の概念を表現した骨壺から、人々の人生を象徴する造形様式を見出すために企画されました。生の延長線上にありながらも社会通念の中でタブー視されている「死」と向き合うことにより、今の暮らしをより大切にする気持ちが芽生えるでしょう。また、生を終えてからの新たな居場所となる骨壺を新しい感覚で制作することで陶磁の領域を拡大するという目的もあります。